ヘアケア

自分の髪の毛は太いのか細いのか?違いや基準平均値の目安を教えます!

自分の髪質ってどんな髪質なんだろう?
って考えたことはありませんか?

傷みにくいのか、傷みやすいのか、
太いのか、細いのかなど、
人と比べるのも難しいですし、
気になってはいても、調べていない方、
多いと思います。

実は髪には太さに違いがあって、
その基準値がおおよそであるのです!

自分の髪はどれに当てはまるの?
ヘアカタログにも太毛とか普通毛とか細毛とか
書いてあるけど、どれに当てはまるのか?

その疑問に、たくさんのお客様の髪を
触ってきた美容師の私がお答えしましょう!

  • 自分の髪の毛は太いか細いのか?
  • 違いや基準や平均値の目安はこれ!
  • 細くならないために注意することや対処法

という内容でご紹介いたします!
それではいってみましょ~

スポンサーリンク

自分の髪の毛は太いの?それとも細いの?

自分の髪って、細い?太い?
それはどうやって判断すればいいのでしょうか。

若いときに比べて髪が細い気がする…
なんだか細くて切れやすい気がする…
私の髪、太くて堅いからセットしにくい?

など、いろいろな疑問があると思います。

自分の髪は細いと思っているけど、
果たして本当なのでしょうか。

感覚的に細いかな~とか思っていても、
実はそこまで細くなかったり、
逆に太くて多いと思っていても、
実はそこまで太くなかったりします。

そこで基準がわかるように、平均値を
お伝えしますね!

違いや基準や平均値の目安はこれ!

髪の細さ、太さの目安をご紹介いたしましょう。

  • 細い髪=0.05mm~0.09mm
  • 普通=0.10mm~0.12mm
  • 太い=0.13mm~0.20mm

数字でみるとどれも細く見えますが、
髪の毛は10万本くらいあるので、
束になったときに差がでてきます。

髪の多さの目安として、

  • 多い方:10万本以上
  • 普通の方約10万本
  • 少ない方:10万本以下

この様になっています。

髪をくくるように握ったとき

  • 片手で握れるなら、普通か少なめ
  • 片手で握れないなら、多い目

このように判断してもいいでしょう!

また硬さの目安として、

  • 軟毛の方:髪を1本持ったとき、
    へにゃっと垂れるようになる
  • 硬い髪の形:髪を1本もったとき、
    真っ直ぐにピンッとなったままになっている

この様に判断してくださいね^^

0.1ミリ以下の差を目視で判断するのは
難しいですし、本数で判断するのも、
無理でしょうね^^;

なので、1本1本の髪の違いや、
髪を束にしてもったときの
髪の束の太さで、判断するのが、
一番わかり易いと思いますよ!

美容室には髪質を調べたり、
髪の太さを測ることができる道具が
ある場合もありますので、
美容師さんに聞いてみてください。

個人差はありますが、
細い髪は傷みやすく、太い髪のほうが
丈夫であると言えるでしょう。

また、髪が伸びるときや生えかわるときに、
髪が急に細くなったりすることもあります。

これは、ヘアケア方法を間違えていたり、
頭皮になにかトラブルが発生している時に
起こりうるので気を付ける必要があります。

細くならないために注意することや対処法

髪が太くてゴワゴワする、ボリュームがあって、
セットが大変……と、髪が太い方のお悩みも
あると思いますが、

髪が細いと、傷みやすい・切れやすい
また、薄毛に見えてしまうといった
デメリットがあります。

できれば髪は細くしたくありませんし、
丈夫な髪の方がいいと思います。

ゴワゴワ太くする必要はないかもですが、
細くなりすぎないようにするには
どうすればよいのでしょうか。

髪の毛は一本一本が組織です。
細い髪の中に、髪の栄養が通る管があるのです。

髪を太くするためには、
一本一本に十分な栄養が行き届く必要があります。

健康な髪を作るために、
良質なたんぱく質やビタミン、
亜鉛などのミネラル成分を摂取しましょう。

肉や魚、大豆などをバランスよく摂ることで、
それらの栄養を摂ることができると
言われているので、
バランスの良い食事を心がけ、
栄養面から丈夫な髪を目指しましょうね!

栄養面だけでなく、ストレス
髪の太さに関係があるとも言われています。

ストレスは新陳代謝を低下させ、
血行を悪くしてしまうので、
髪に栄養が上手に届かなかったり、
ヘアサイクルに影響が出るおそれがあります。

丈夫な髪をつくる細胞そのものを減らしたり、
もろくしてしまうこともあるので、
ストレスは溜めこまず発散しましょう!

ストレスや代謝の低下は、髪の毛以外にも、
身体のあらゆるところに
影響を及ぼすと言われています。

頭皮環境が悪いと髪の毛に影響を与えます。
頭皮は髪の毛が生えてくる大元となる、
大切な土台です。

頭皮を整えることで、丈夫な髪が
生えてくる可能性が高くなりますよ!

汚れを落とすには洗浄力も大事ですが、
洗浄力が高すぎると頭皮に必要な油分までを
奪ってしまうこともありますので、
自分の髪の皮脂の量や汚れ具合などで、
シャンプーを変えてみるのもよいでしょう。

また、ブラシをかける際にも、
頭皮につよく擦れないように気を付けましょう。

つげの櫛やイノシシなどの
獣の毛をつかったブラシ
頭皮に優しいのでおすすめです☆

最後に一言!

いかがでしたか?

髪の太さの基準がわかれば、
自分のなりたい髪型にするとき、
目安になりますね。

参考にしてみてください!

また、細い髪は頭皮の髪の毛のダメージが
影響している恐れがあります。

髪を丈夫に、健康にたもつため、
髪によい食べ物や
生活習慣を心がけましょう!

自分の髪質を知り、自分にあったケア方法を
美容師さんと相談してみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク