頭皮環境の改善

育毛剤にも医薬品と医薬部外品がある?

今どの年代の人でも薄毛に悩む人が増えてきています。
ドラックストアでも、薄毛対策の商品がより多く扱われるようになりました。
また年配の女性でも、部分かつらの販売会などがデパートなどで実施されたりしています。
以前に比べて、薄毛に対してオープンになってきているといえます。

中でも育毛剤は年々進化を遂げています。
商品研究が進むにつれて、よりニーズに合った育毛剤が発売されるようになりました。
昔ではあ中年の男性が購入するものというイメージでしたが、今では若い男性や女性でも購入する時代になりました。

そこで育毛剤も商品の幅が広がり、医薬品と医薬部外品の二種類が販売されるようになりました。
違いが分かりにくいと感じる人が多いでしょう。
しかし意外に大きな差が両者にはあります。

まず医薬品として発売されている育毛剤は、はっきりと国がいくもうとして効果があると認定して発売されているものになります。
なので病院で治療目的で処方されたり薬局などでしか発売されていないものもあります。
ドラックストアなどでは、薬剤師が在沖している時でなければ、販売することが出いない商品となっています。
なので薬剤師と相談した上での購入ということになります。

それではそこまでなぜ管理されて販売されているのでしょうか。

それは育毛剤の中でも使用されている成分が強力なため、肌に刺激を与えすぎてしまう恐れがあるからです。
なので肌の状況などによっては、使用しないほうがいい場合もあります。
商品によっても異なりますが、効果が期待できる代わりに副作用も強いものが多いということがあげられます。

それに比べて医薬部外品は、医薬品ほど体への影響がないものとして作られています。
そして国から効果があるものだとして認められているわけではありません。
なので確実に効果があるといって販売してはいけません。
また薬剤師や医師の処方がなくても購入することができるため、比較的買いやすい環境にあります。

医薬品に比べれば、体に負担が少ないため、頭皮へのダメージといった副作用が少ない人が多いです。
なので敏感肌の人やアレルギー体質の人は、医薬部外品のほうが肌に合って効果があるという人もいます。

もちろん商品の違い、成分の違いなどもありますが、一番は自分の頭皮とどちらが合うのかということのほうが大事です。
なので医薬品でも医学部外品でも、まずは自分の肌との相性を優先して選んでみましょう。
どちらもデメリット・デメリットがあるといことをしっかり認識しましょう。