頭皮環境の改善

妊娠中・授乳中にも使うことはできる?

女性においても薄毛が深刻な問題になっています。
中年から年配にかけては、髪の老化現象が進みます。
その結果、髪の分け目や髪全体のボリュームが減ってしまい薄毛に悩む人が多いです。

また若い女性にとっては、ストレスなどによっても薄毛なども起きやすくなっています。
そして何より、産前産後の髪への影響は、とても深刻です。
妊娠して出産すると、女性ホルモンのバランスが一気に崩れてしまいます。
特に産後は、授乳期間もあるため、正常な女性ホルモンのバランスを保つのが難しくなります。

それと同時に実感するのが、抜け毛の多さです。
髪を洗うたびに両手には驚くほどの髪の毛が抜けてしまいます。
こんな日々が毎日続くとだれもがかなりの薄毛になってしまうのではと心配になります。
そこで対策として考えるのが、育毛剤です。

育毛剤といえば中年の男性が使用するものというイメージでした。
しかし今では女性用の育毛剤もかなりたくさん取りそろえられています。
男性と女性では、薄毛の症状や原因が異なるため、より効果的な育毛効果や理想の髪に近づけあれるような育毛剤が発売されています。

しかし妊娠中や授乳中に、育毛剤を使用してもいいのかという点があげられます。
髪を染めることも妊娠中は胎児に影響があると避けた方がいいという人もいます。
胎児や赤ちゃんに影響があるものは、特に神経質になるのが母親というものです。
かといって自分の髪の毛がどんどん失われてしまうのは不安でもあります。

そこで妊娠、授乳中でも安心して使用できる育毛剤はあるのでしょうか。

安心して使用するためには、無添加100%のものを使用するのがお薦めです。
また天然成分を使用して作られているものも安心して使用することができます。

気をつけなくてはいけないものは、医薬品の育毛剤です。
医薬品はやはり効果がある分副作用が起きやすいのがデメリットです。

気になる商品の説明書きには、必ず使用してはいけない人が具体的に掲載されています。
そこに掲載されている場合は、何かしらの影響があるかもしれないと思っていいでしょう。
なのでしっかりと注意書きを確認したうえで、購入するようにしましょう。