頭皮環境の改善

育毛剤にもジェネリックがあるって本当?

日本ではあまり知られていないものとしてジェネリック医薬品があります。
なんとなく聞いたことがある人もいるかもしれません。

海外ではジェネリック医薬品が多く存在しています。
それは、海外の医療機関にかかると治療費の個人負担がとても高く、病院に行くことよりも民間の医薬品で直そうとする人が多いからです。
どの医薬品でも必ず最初に開発されて発売された、新薬というものがあります。
その新薬は発売とともに特許を申請されています。

新薬の特許は一定期間が切れると、そのほかのメーカーでも同様の薬を開発して販売することができます。
価格競争されて製品化されるため、同様の効果や成分を使っているにもかかわらず低価格で販売されます。
こうして他のメーカーによって作られた同様の製品のことを、ジェネリック医薬品といわれています。

先ほど述べたとおり海外では、病院での治療費が高いため、医薬品に頼る場合が多いです。
そのため医薬品の開発が進み、ジェネリック医薬品がどんどん作られることで低価格で提供することができます。

ところが日本で普及しないのには、日本の医療制度が充実しているからといえます。
医薬品に頼るよりも病院で治療してもらい処方しいてもらった方が、確実でなおかつ医療費の自己負担もそこまで高くないからです。
また新薬として発売された商品の信頼性がとても強いためジェネリック医薬品を開発しても信頼という面で認められない場合があります。
なので安くても購入につながることが少ないといわれています。

ここで育毛剤に関してもジェネリック医薬品はあります。
しかし日本性ではなく海外製のものが多いのが現状です。
育毛剤は継続的に使用しなくてはいけないため、一本当たりが高い場合、なかなか継続して使用し続けることが難しくなってしまいます。
なので少しでも安く手に入るのであれば、その方が長期間にわたって育毛剤を使用することができます。

日本でも注目されている成分で、ミノキシジルという成分が含まれたジェネリック医薬品がとても多いです。
日本で使用されている育毛剤と同量で作られているものが多いでの、同じような効果が得られます。

またスプレータイプだけでなく、錠剤なども開発されているのも特徴の一つです。
価格も日本の育毛剤と比較して半額以下で購入できる商品もあるのでとても経済的です。