頭皮環境の改善

眉毛にも使えるって本当?

今薄毛に悩んでいる人が、年代や性別を問わず増えてきています。
早い人では20代前半から悩む人もいますし、年齢を重ねるごとに老化現象の一つとして起こる人もいます。
その理由は人それぞれで、原因を改善しなくては、育毛への効果も半減してしまいます。

ほとんどの人は、生れてからずっと薄毛に悩まされていたわけではありません。
年齢を重ねるごとに薄毛が目立つようになり、症状として表れています。
なので生まれ持った性質というよりも、日々の生活習慣が大きく影響しているといえます。

例えば食事が欧米化したことで余計な油分を多く摂取してしまい、毛穴を詰まらせる原因の一つになっています。
またストレスなど精神的な要因も大きな影響があるといわれています。
これらの原因は、年代や性別を問わずだれでもが当てはまる要因といえます。

さらにこれらの原因は、かみだけでなく眉毛にも影響があるといわれています。
最近では、眉毛の薄毛にも悩んでいる人が多く、人相にも大きな影響を与えます。
特に男性の場合は、眉を書くといった習慣があまりないため、薄い眉毛のままでいる人が多いです。

そこで髪に使う育毛剤を眉毛にも使っても大丈夫なのでしょうか。

眉毛のはえてくるサイクルは2ヶ月から3ヶ月という時間がかかります。
頭皮の細胞と眉毛の細胞ではやはり異なる部分もあります。

その証拠に、眉毛用の育毛剤があります。
眉毛などには、育毛に有効成分がクリーム状になっていて部分的に塗りやすくなっているものが多いです。
頭皮の育毛剤はスプレータイプのものが多く吹き付けるようになっています。
そのため眉毛に使うと、水分が垂れて目に入ってしまう恐れがあります。
さらに確実に効果があるとは言い切れないため、あまりお薦めではありません。

また眉毛が薄い人の中には、アトピーなどの皮膚病を併発している人が多いです。
眉毛が薄い人のほとんどが、眉毛の部分の毛穴が正常ではない人が多いです。
そのため眉毛の毛穴に新しい毛が生えにくい状態になっています。
なのでその感急を整えながら育毛を同時に行わなければいけません。

安心して効果もえられるのは、やはり眉毛用の育毛剤のほうがお薦めです。