頭皮環境の改善

発毛剤との違い

薄毛に悩んでいる人の原因は年代によっていろいろ異なります。
昔は中年から年配の男性が老化現象の一つとして薄毛に悩んでいるといったイメージではないでしょうか。

しかし最近では若年層の男性でも薄毛で悩んでいる人が多いです。
原因としては遺伝などもありますが、食生活や毎日の生活リズム、重度のストレスなどが原因といわれています。
これは若い女性も社会し進出が増えたこともあり、同じ理由が当てはまります。

また女性の場合は、出産することで女性ホルモンが崩れて髪に影響が出るといわれています。
抜け毛が激しく、授乳などで必要な栄養素が取られてしまうため、末端の髪にまで栄養が行き届かない状態になってしまいます。
そのため、抜け毛が激しくなり薄毛になってしまう女性も増えています。

このように理由は様々ですが、薄毛になってしまった人がまず何かしらの対処をとろうとするでしょう。
まず抜け毛がこれ以上増えないようにという対策がまず思い浮かびます。
それと同時に、抜けてしまった皮膚から新しい髪の毛が生えてくるように対応します。

その方法の一つとして考えるのが、育毛剤です。
今では昔に比べ、育毛剤も多くなり意識も高まったことから、とてもオープンになりました。
なので購入しやすくなりましたが、ネットや通販などの利用者が多いのも特徴の一つです。

しかし本来育毛剤と発毛剤は根本的な考え方が違います。
育毛剤で髪が生えてくると思う人もいるかもしれません。

しかし本来は今はえている髪に対して、抜けにくくする要素であったり、髪を強くし太くしていきます。
なので新しい髪が生えるというよりも、今ある網野家に対して効果があり、頭皮への環境を整える役割があるものもあります。
それに対して発毛剤は、抜けてしまった部分の毛穴から新しく産毛のような毛が生えるてくるような働きかけをします。

良く代表的な成分では、ミノキシジルや生薬が使用されています。
日本では発毛に関して一番効果があるとされています。
効果が期待できる分それだけ肌への刺激も強く、副作用も起きやすいとも言われています。
そのため頭皮が敏感人や普段からアトピーなどの持病で皮膚科に通っている人には、医師の相談しながら自分に合った育毛剤を選ぶようにしましょう。